「陸奥爆沈」吉村昭:著

「陸奥爆沈」吉村昭:著

謎の大爆を起こし沈没した戦艦「陸奥」

大戦中、国民に親しまれた戦艦といえば

「長門」と「陸奥」

 

昭和十八年六月八日。

濃い霧がたちこめる瀬戸内海に停泊中の「陸奥」が

突然大爆発を起こし沈没。

ビッグ7「陸奥」に一体何が起きたのか・・・

沈没したことは極秘にされ、査問委員会が発足され徹底した調査が始まります。

潜水艦の攻撃だったのか、三式弾の自然発火なのか・・・

想像以上の徹底した調査で驚かされました。

そして浮かび上がる人間ドラマ。

 

機会ございましたら

 

ぜひ

 

読んでみてください。

コメントを残す

CAPTCHA