「海軍乙事件」吉村昭:著

「二式大型飛行艇」コードネームEmily(エミリー)

表紙に描かれているのが二式大艇。

第二次世界大戦中、川西航空機が開発し、大日本帝国海軍に採用された4発大型飛行艇。正式名称は「二式飛行艇」で、輸送型は「晴空」と呼ばれた。飛行艇としては当時世界最高の性能を誇った。

その二式大艇が指令幹部を乗せパラオに向かう途中一機が墜落してしまう。

 

「海軍乙事件」の次の章が「海軍甲事件」

 

いわゆる山本司令長官の最後のストーリーです。

 

機会ございましたら

 

ぜひ

 

読んでみてください。

コメントを残す

CAPTCHA